CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
<< ―50日目― | main | ―52日目― >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
―51日目―
【精神保健】

問.子どもの心身症に関する記述で、誤っているものを
  1つ選びなさい。 

 1.食事を強制された場合や、過保護や愛情喪失などによって、
   無意識的な自己防衛機制として食欲不振や嘔吐を
   引き起こすことがある。
 2.内分泌器官の異常のほか、愛情の飢餓から過食が起こると
   考えられている。
 3.精神発達の遅れや家族の愛情不足によって、通常では
   考えられない髪や壁土、毛髪などを食べるのが異食である。
 4.動悸が激しくなったり、頻脈や徐脈を訴える場合などがあるが、
   一般に子ども独自の症状で、青年期以降に見られることは
   まれである。
 5.咳による発作、喘息を繰り返す子どもにも、不安定な親子関係や
   親の不安などからくる精神的な要因が少なくない。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−☆保育士になろう!☆−−
   発行者:紀乃のりこ
   blog :http://nurse.jugem.cc/
      http://kino.jugem.cc/
   mail :kinonoriko@yahoo.co.jp
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


解.4
 循環器系の症状であり、一般的に青年期以降に見られる症状で、
 幼児期には少ない。
| - | 21:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 21:31 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nurse.jugem.cc/trackback/50
トラックバック